研究のタイプ: レビュー (疫学研究)

[小児脳腫瘍と居住環境電磁界(EMF)] review

Childhood brain tumors and residential electromagnetic fields (EMF).

掲載誌: Rev Environ Contam Toxicol 1999; 159: 111-129

この総説は、居住環境磁界疫学研究についての、他の公表された包括的レビューが言及できていない、小児脳腫瘍およびEMF問題の詳細を含めて解説している。小児脳腫瘍の既知または疑われている原因の記述疫学に関する背景情報、EMFばく露(多種多様な代替指標で表わされる)と小児脳腫瘍との関連を調べた研究の詳細なレビューが報告されている。ワイヤコード、距離、測定値、およびモデリングに基づいた、EMFへの居住環境ばく露小児脳腫瘍に関する9件の研究、妊娠期間における、小児または母親の家電機器使用を調査した6件の研究を評価している。各研究について、分析および方法論上の問題点を議論している。論点は、カットポイントの選択、非同時的な対照選択、電話番号無作為抽出調査法、差別的参加、および関連性の検出に必要な調査の検出力などである。結論として、EMFと小児脳腫瘍との間の全体的な関連性は支持されていない、と述べている。

ばく露

調査対象集団

影響評価項目

ばく露