[マウスのサイトカイン産生及び腫瘍形成に対する低レベルの静磁界及び弱い低周波変動磁界の組合せの影響] med./bio.

Effects of low-level combined static and weak low-frequency alternating magnetic fields on cytokine production and tumor development in mice.

掲載誌: Electromagn Biol Med 2019; 38 (1): 74-83

この研究は、静磁界(30 - 150 µTの範囲)と変動磁界(100または200 nT、2.5 - 17.5 Hzの範囲の複数の周波数の合計)の弱い磁界への2時間/日、14日間の複合ばく露が、健康な雄のBalb/Cマウスのサイトカイン産生に及ぼす影響を調べた。変動磁界の周波数は、遊離アミノ酸グルタミン酸及びアスパラギン酸アルギニン、リジン、ヒスチジン及びチロシン)のイオンサイクロトロン共鳴に基づいて計算した。異なる強度と周波数の組合せを選択したのは、免疫細胞におけるサイトカイン産生の刺激に対する最適な特徴を見出すためであった。その結果、60 μTの静磁界と、合計で100 nTの6つの周波数(5-7 Hz)の変動磁界の組合せが、健康なマウス細胞において腫瘍壊死因子TNF)-α、インターフェロン-γ、インターロイキンIL)-2、IL-3の産生を刺激し、血漿中のサイトカイン蓄積を生じることが示された。次に、エールリッヒ腹水がん細胞誘導した固形腫瘍を有するマウスに対する、この複合磁界の影響を調べた。その結果、この複合磁界へのばく露腫瘍成長を強く抑制し、生存率を向上させ、寿命を延長させることが示された、と著者らは報告している。
EMF-Portal注記:ばく露の詳細情報なし

ばく露