[50 Hz磁界は筋萎縮性側索硬化症のイン・ビトロSOD1G93Aモデルにおける鉄関連遺伝子の発現を阻害する] med./bio.

50-Hz magnetic field impairs the expression of iron-related genes in the in vitro SOD1G93A model of amyotrophic lateral sclerosis.

掲載誌: Int J Radiat Biol 2019; 95 (3): 368-377

この研究は、スーパーオキシドジスムターゼ1(SOD1)遺伝子の2つの変異体を有する家族性筋萎縮性側索硬化症(fALS)のイン・ビトロモデルにおける超低周波(ELF)磁界への反応を調べた。SH-SY5Yヒト線維芽腫細胞の、安定的に過剰発現する野生種、G93AまたはH46R変異体SOD1 cDNAをELF磁界(50 Hz、1mT)に72時間ばく露または疑似ばく露した。全てのクローンで、磁界ばく露への反応として、1) 生存能力増殖及びアポトーシス、2) 活性酸素種の産生、3) 鉄代謝の評価を実施した。その結果、50 Hz磁界ばく露は、1) 増殖及び生存能力を変化させず、2) 細胞内スーパーオキシド及びH2O2レベルを変化させず、3) 鉄関連遺伝子IRP1、MFRN1及びTfR1の発現有意な脱調整を生じた。これは、SOD1G93Aクローンだけに認められ、総鉄含有量の僅かな(P = 0.0512)差異と関連していた、と著者らは報告している。

日本語版の論文要約はJEICが作成しており、英語版の論文要約に比べ簡潔な内容としている場合があります。 英語版の論文要約の全訳が必要な場合は、ログイン後、「要約を依頼」から依頼して下さい。

ばく露