[ヒトの歯肉線維の成長と糖分解に対する直流0.2T磁界への7ヵ月間ばく露効果] med./bio.

Effects of seven months' exposure to a static 0.2 T magnetic field on growth and glycolytic activity of human gingival fibroblasts.

掲載誌: Biochimica et Biophysica Acta - General Subjects 1993; 1156 (3): 302-306

この研究は、集密培養中のヒト歯肉線維芽細胞を対象に、0.2Tの静磁界(Sm-Co磁石)への6または8ヶ月間連続ばく露の影響を調べた。ばく露期間中、培養フラスコは交換せず、培養液は入れ替えをした。入れ替え時は、無傷のまま生存している培養物を希釈し、混ぜ合わせ、磁石へのばく露擬似ばく露)を再開した。その結果、細胞増殖率、核DNA含量物のヒストグラム、乳酸産生率、グルコース消費率、ATP含量量および細胞形態(光学顕微鏡および電子顕微鏡による)において、ばく露群と擬似ばく露群との間に顕著な差異はなかった、と報告している。

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1:
  • DC/static
ばく露時間: 6 or 8 months

ばく露1

主たる特性
周波数
  • DC/static
タイプ
  • magnetic field
ばく露時間 6 or 8 months
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • magnet
ばく露装置の詳細 culture flasks placed on a 5 cm x 5 cm x 1.5 cm Sm-Co magnetic block
Sham exposure A sham exposure was conducted.
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
磁束密度 200 mT - 測定値 - -

Reference articles

  • Sato K et al. (1992): [Sm-Co磁石が発生する非一様性静磁界にばく露したヒト培養細胞の増殖]

ばく露を受けた生物: