[安全なばく露限度の決定における有毒な刺激の組合せの役割] misc.

The role of toxic stimuli combinations in determining safe exposure limits.

掲載誌: Toxicol Rep 2018; 5: 1169-1172

この論説は、安全なばく露限度の決定における有毒な刺激の組合せの影響について考察している。論文データベースMedlineで数千報のアブストラクトを調べたところ、複数の有毒な刺激を組合せた場合、組合された刺激への個々のばく露レベルが、個別に検査した場合にダメージを生じる最も低いばく露レベルより低くても、相乗効果によってダメージを生じ得ることが示された。潜在的に有害な刺激に対して規制当局が制定しているばく露限度が、現実の生活における全てのばく露シナリオにおいて健康への深刻な悪影響に対して十分に防護的であると信じる理由はない、と著者は結論付けている。また、この結論は、化学物質だけでなく、無線周波電磁界等の他の種類のばく露を含む、本質的に全ての潜在的寄与因子に適用できる、と述べている。

ばく露