[ラットSNI[神経部分損傷]モデルにおける後根神経節に対するパルス化無線周波を通じた神経因性疼痛誘発性の抑うつの軽減には下方制御された脊髄IRF8[インターフェロン制御因子8]及びBDNF[脳由来神経栄養因子]が関与している] med./bio.

Downregulated spinal IRF8 and BDNF in NAC are involved in neuropathic pain-induced depression relief via pulsed radiofrequency on dorsal root ganglion in rat SNI model.

掲載誌: Brain Res Bull 2019; 146: 192-200

ばく露