研究のタイプ: レビュー (疫学研究)

[産業化、電磁界および乳がんリスク] review

Industrialization, electromagnetic fields, and breast cancer risk.

掲載誌: Environ Health Perspect 1999; 107: 145-154

<目的>非工業地域に比べ、工業地域での乳腺腫瘍発生率が高い、夜間の光や電磁界の曝露によりメラトニン抑制され、乳腺腫瘍リスクが増加するという仮説が提唱されている。そこで、居住空間、電気毛布の使用、職業上における曝露を含め、電磁界曝露と乳腺腫瘍について調べた疫学研究に関する文献をレビューした。 <結果>ほとんどの疫学研究結果は電磁界胸腺腫瘍の関連を強く支持するものではなく、用量-反応関係に関するデータも乏しいが、それらの関連を除外することはできない。電磁界曝露は至るところにあり、乳腺腫瘍についてわずかなリスクでも重要な公共の健康に衝撃を与える。磁界影響に関する仮説を調べるため、慎重に設計された研究が求められる。

ばく露

調査対象集団

影響評価項目

ばく露