[低強度マイクロ波ばく露後のラットの脳における小胞体ストレスの活性化] med./bio.

Activation of endoplasmic reticulum stress in rat brain following low-intensity microwave exposure.

掲載誌: Environ Sci Pollut Res Int 2019; 26 (9): 9314-9321

この研究は、小胞体ストレス及び展開タンパク質応答に対する低強度のマイクロ波放射の影響を調べた。雄のWistarラットを、900 MHzSAR 5.84 * 10^(-4) W/kg)、1800 MHz(5.94 * 10^(-4) W/kg)、2450 MHz(6.7 * 10^(-4) W/kg)のマイクロ波に30日間ばく露し、実験終了時のラットの脳でのmRNA発現をリアルタイム定量的PCRで推定した。その結果、マイクロ波ばく露は周波数の上昇に従い、転写因子ATF4、CHOP及びXBP1のmRNA発現を有意に(< 0.05)変化させた。これらの結果は、900、1800及び2450 MHzの低強度のマイクロ波ばく露は、小胞体ストレス及び展開タンパク質応答を生じることを示している、と著者らは結論付けている。

ばく露