[Geobacter sulfurreducens[土壌細菌の一種]を植え付けた生体電気化学系は生きた細胞に対する超低周波電磁界の影響の定義における代謝電流の可能性を明らかにする] med./bio.

Geobacter sulfurreducens-inoculated bioelectrochemical system reveals the potential of metabolic current in defining the effect of extremely low-frequency electromagnetic field on living cells.

掲載誌: Ecotoxicol Environ Saf 2019; 173: 8-14 [in press]

超低周波(ELF)電磁界に関連付けられる疾病は一般的に、エネルギー代謝異常を伴うが、生きた細胞内での代謝におけるエネルギーは電子の流れで表される。この研究は、代謝電流とELF電磁界との関連を調べた。0-128ガウスのELF電磁界を、Geobacter sulfurreducens[土壌細菌の一種]を植え付けた生体電気化学系に印加した。その結果、ばく露群では代謝電流が増加・振動することが示され、影響は全てばく露量に依存的であった。更に、振動振幅はELF電磁界の強度と共に線形に変化した。これらの結果は、ヒトを含む生物に対するELF電磁界ドシメトリの指標として代謝電流を用いることができることを示している、と著者らは結論付けている。

日本語版の論文要約はJEICが作成しており、英語版の論文要約に比べ簡潔な内容としている場合があります。 英語版の論文要約の全訳が必要な場合は、ログイン後、「要約を依頼」から依頼して下さい。

ばく露