[携帯電話の電磁放射はSH-SY5Y[ヒト神経細胞腫]細胞におけるアミロイド前駆タンパク質及びアルファシヌクレインの代謝に影響する] med./bio.

Mobile phone electromagnetic radiation affects Amyloid Precursor Protein and α-synuclein metabolism in SH-SY5Y cells.

掲載誌: Pathophysiology 2019 [in press]

この研究は、ヒト神経芽細胞腫細胞におけるアミロイド前駆タンパク質(APP)及びアルファシヌクレイン(α-syn)に対する、GSM携帯電話から発せられる低レベルの電磁界を調べた。その結果、電磁界ばく露電界強度10.51 V/m、比吸収率SAR)0.23 W/kg、10分間×3回、2日間)後に、APPプロセシング及び細胞の形態の変化が認められた。更に、単量体のα-synの蓄積及び多量体化、ならびに酸化ストレス及び細胞死誘導における変化が認められた。これらの結果は、電磁界アルツハイマー病及びパーキンソン病分子レベルの病原機序との潜在的なつながりを判定するための更なる研究の必要性示すものである、と著者らは結論付けている。

ばく露