[強磁界に連続的にばく露されたマウスの子孫(第1世代)における行動と繁殖結果] med./bio.

The behavioural and reproductive consequences in offspring (first generation) of mice continuously exposed to a strong magnetic field.

掲載誌: Behav Processes 1994; 32 (3): 229-234

磁界(76655γ;注1γは10^-5ガウス)に一生ばく露されたマウスの子の行動・繁殖活動を調べた。このような動物では、オス同士の喧嘩が顕著に抑制された。ばく露により、実験と”標準的な”侵入者間での社会的な接触を記録した他の行動応答(例、社会的、非社会的)が有意に減少した。ばく露による生殖活性についての予備結果は、全生涯を磁界強度の同じ条件で過ごしたメスとの交尾で確認した。メスマウスは一匹も妊娠しなかった。従って、磁界はマウスの行動・繁殖活動に影響をもたらした。これらの影響は、これらの活動を制御する神経生理学的な部位への影響を通して影響によるかもしれない。

ばく露