研究のタイプ: レビュー (工学技術/ドシメトリの研究)

[屋内環境における無線周波電磁界のばく露評価:レビュー] review

Radio Frequency Electromagnetic Fields Exposure Assessment in Indoor Environments: A Review.

掲載誌: Int J Environ Res Public Health 2019; 16 (6): E955

この研究は、屋内環境における無線周波RFばく露についての過去10年間の研究の概観を、屋内環境でばく露を生じるRF発生源の違い、屋内環境の違い、ばく露評価に用いられたアプローチの違いを考慮に入れて提示している。全てのRF周波数帯域を考慮に入れた、最も高いばく露の最大平均レベルは、オフィス(1.14 V/m)及び公共交通機関(0.97 V/m)で、最も低いばく露レベルは住居及び集合住宅(0.13-0.43 V/m)で認められた。ばく露の合計レベルに対するRF発生源の違いの寄与度は、屋内環境におけるパターンと僅かに異なることが示されたが、この知見はRFばく露が時間と共に連続的に進化していることを示すものとみなすべきである、と著者らは結論付けている。

影響評価項目

ばく露