[電磁界を原因と考える本態性環境不耐症(IEI-EMF)の人々の記述的自己申告調査:要約及び先行研究との比較] med./bio.

Descriptive self-reporting survey of people with idiopathic environmental intolerance attributed to electromagnetic fields (IEI-EMF): similarities and comparisons with previous studies

掲載誌: J Public Health (Berl.) 2018; 26 (4): 461-473

この研究は、フランスのいわゆる「電磁過敏症(EHS)」または電磁界を原因と考える本態性環境不耐症(IEI-EMF)の人々の自己申告による症状と、そうした症状を生じるかも知れない発生源を、アンケートに基づいて調査し、その結果を既刊の文献とあわせて検討している。フランスで2014年11月から自記式のアンケート調査を実施した。参加者52人の平均年齢は50±11歳で、79%が女性であった。調査の結果は、他の国々で実施された研究についての文献における知見と一致し、ワイヤレス・エリアネットワーク等の新規の電磁界発生源が、そうした症状を生じるかも知れないと認識されていることが明確になった、と著者らは報告している。

ばく露