研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[女性における情緒障害の発生に対するワイヤレス通信システムから発せられる電磁界の影響力:予備的報告] med./bio.

The influence of electromagnetic fields generated by wireless connectivity systems on the occurrence of emotional disorders in women: A preliminary report.

掲載誌: Neuro Endocrinol Lett 2019; 39 (8): 550-560 [in press]

この研究は、医療及び商業分野に就労する女性における情緒障害の発生に対するワイヤレス通信システムから発せられる電磁界の影響力を評価した。また、運動と情緒状態との関連も分析した。ポーランドのルブリンで2017年に、25-35歳の女性200人について調査を実施した。その結果、ショッピングセンターのスタッフは、より多くの時間を、携帯電話での通話及びオンライン活動に費やしていた。医療スタッフは、据置型のワイヤレス電話から発せられる、より強い電磁界ばく露されていた。GSM 900/1800基地局からの電磁界へのばく露が、医療スタッフにおける抑うつ障害の発生に寄与していたが、ワイヤレスLANの電磁界へのばく露は逆の影響を示した。携帯電話での通話に費やす時間は、医療スタッフの抑うつを減少させ、特性不安を増加させた。運動に自由時間を費やすことは、商業分野に就労する女性の抑うつ状態を強めた、と著者らは報告している。

ばく露