研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[ヒト結腸上皮細胞に対する無線周波放射の影響の評価] med./bio.

Assessment of the effects of radiofrequency radiation on human colon epithelium cells.

掲載誌: Bratisl Lek Listy 2019; 120 (4): 299-308

この研究は、ヒト結腸上皮細胞(HT-29)におけるカスパーゼ依存性のアポトーシス経路に対する、周波数及びばく露時間が異なる無線周波RF放射によって生じるかも知れない影響を調べた。細胞を1800 MHz、2100 MHz、2600 MHzのRFに、連続的に3時間、間欠的に6時間、または連続的に6時間ばく露した。トリパンブルー除外アッセイ細胞の生存率を測定し、qRT-PCRでCASP8、CASP9、CASP3及びCASP12の遺伝子発現を分析した。その結果、2100 MHzはどのばく露時間でも、1800 MHz及び2600 MHzばく露と比較して、生きた細胞数の比がより効果的[more effective]であった。2100 MHzばく露後、カスパーゼの活性化が有意に増加した(3時間の連続ばく露及び6時間の間欠ばく露ではCASP8及びCASP9、6時間の連続ばく露ではCASP3)(p=0.05)。この結果は、カスパーゼシグナル伝達カスケードによる異なる種類の細胞死の経路の活性化と解釈できる、と著者らは結論付けている。

ばく露