[図書館及びメディアライブラリーでの無線周波電磁界への個人の職業的ばく露の較正済みオンボディばく露計を用いた評価] tech./dosim.

Assessment of Personal Occupational Exposure to Radiofrequency Electromagnetic Fields in Libraries and Media Libraries, Using Calibrated On-Body Exposimeters.

掲載誌: Int J Environ Res Public Health 2019; 16 (12): e2087

この研究は、伝統的な図書館及びメディアライブラリー7か所の職員28人の実際の労働条件において、88-5850 MHzの20帯域の無線周波RF電磁界ばく露のレベルを、ばく露メーターを用いて調べた。その結果、28日間で78,858のサンプルを得た。全体的なばく露中央値は0.071 V/m(10thパーセンタイル値0.022 V/m、90thパーセンタイル値0.534 V/m)、Wi-Fiばく露中央値は0.005 V/m(10thパーセンタイル値0.005 V/m、90thパーセンタイル値0.028 V/m)であった。個々人のWi-Fiばく露中央値は0.005-0.040 V/mの範囲であった。全体として、この分野の職業的ばく露は一般公衆のばく露に近かった。ピーク値は警備員のウォーキートーキー(携帯用無線機)の使用によるものであった。外部の波源からのばく露は地理的位置関係に依存していた、と著者らは報告している。

ばく露