[イン・ビトロ研究における超低周波及び無線周波電磁界のばく露時間に対する細胞生存能力の有意な依存性] med./bio.

Significant Cellular Viability Dependence on Time Exposition at ELF-EMF and RF-EMF In Vitro Studies.

掲載誌: Int J Environ Res Public Health 2019; 16 (12): e2085

この研究は、100 µTの超低周波(ELF)磁界ばく露による神経膠芽腫細胞での影響、ならびに2.54 GHzの無線周波RF電磁界ばく露による線維芽細胞での影響を、イン・ビトロで調べた。その結果、2.54 GHzのRFにばく露した線維芽細胞生存能力には有意な時間依存性が示され、ELF磁界ばく露した神経膠芽腫細胞の生存能力には時間に依存しない影響が示された、と著者らは報告している。

日本語版の論文要約はJEICが作成しており、英語版の論文要約に比べ簡潔な内容としている場合があります。 英語版の論文要約の全訳が必要な場合は、ログイン後、「要約を依頼」から依頼して下さい。

ばく露