[970MHz円偏波マイクロ波に連続的にばく露したラットの胎児と母体での影響] med./bio.

Fetal and Maternal Effects of Continual Exposure of Rats to 970-MHz circularly-polarized Microwaves.

掲載誌: Electro Magnetobiol 1992; 11 (1): 43-54

この研究は、円偏波導波管を用いて970MHzの事実上の連続ばく露妊娠SDラットに行った場合の胎仔への影響を調べた。全部で250匹のラットを、平均SAR 0.07、2.4、4.8W/kgばく露群および擬似ばく露群に分け、それぞれに妊娠1日目から19日目まで、1日22時間のばく露(または擬似ばく露)を行った。ばく露終了後の20日目に屠殺し、胎仔の数、体重、胸骨骨化度、および妊娠黄体の数を検査した。その結果、SAR 0.07、2.4W/kgばく露群では、妊娠率、胎仔数(生存仔、死亡仔、吸収胚、受胎胚総数)、胎仔の体重、胎仔の骨化度、未着床数に変化がなかった;SAR 4.8 W/kg群では、胎仔の体重のみが有意に減少し、12匹中2匹がばく露中に死亡した;非妊娠ラットの場合、SAR 4.8 W/kgばく露群は擬似ばく露群に比べ、体重増加が少なかった、と報告している。

ばく露