[電磁界、ゲノム不安定性、がん:システム生物学的な見解] basics

Electromagnetic Fields, Genomic Instability and Cancer: A Systems Biological View.

掲載誌: Genes (Basel) 2019; 10 (6): e479

このレビュー論文は、電磁界生物学的影響の理解におけるシステム生物学の利用を論じている。特に、ゲノム不安定性及びがん誘導に焦点を当てている。著者らは、状態空間やアトラクター[力学系で安定な平衡がもたらされる状態]といった力学系理論の基本的概念、ならびに複雑な生体系の挙動の理解におけるこれらの概念の利用を紹介した上で、力学系理論の枠組みでゲノム不安定性について考察し、環境的に誘導されたゲノム不安定性は異常なアトラクター状態に対応する;即ち、十分に大きい環境的擾乱は、正常な進化に最適化されたアトラクター(正常な細胞の表現型に対応する)から逸脱し、より安定性の低い変異型アトラクターへの移動を生体系に強いる、という仮説を提唱している。

ばく露