研究のタイプ: サーベイ

[睡眠に対する人工の低周波[super low:30-300 Hz]及び超低周波[extremely low:3-30 Hz]電磁界の潜在的インパクト] review

The potential for impact of man-made super low and extremely low frequency electromagnetic fields on sleep.

掲載誌: Sleep Med Rev 2019; 47: 28-38

この論文は、電磁界によって生じるかも知れないヒトのメラトニン分泌ならびに睡眠構造及び脳電図へのインパクトに関する知識の現状をレビューした。その結果、以下のことがわかった。ヒトのメラトニンへの影響についての大半の研究は、職業的ばく露及び居住環境ばく露の影響に焦点を当てて実施された。初期の一部の研究では、電磁界にはメラトニンに対する抑制効果があるかも知れないことが示されたが、その結果は一般化できない。というのは、ばく露条件のばらつきが大きく、またその他の要因がメラトニンに影響力を及ぼすかも知れないためである。例えば、無線周波電磁界ばく露睡眠構造に及ぼす影響についての研究では、影響はほとんど、あるいは全く認められていない。但し、携帯電話から発せられるようなパルス無線周波電磁界に、睡眠の直前または睡眠中にばく露された場合、脳の生理が変化し、特定の帯域の脳電図出力が高まり得ることが、幾つかの研究で示されている。ヒトの睡眠に対する異なる周波数範囲の電磁界の影響を調べるため、その相互作用を評価する、高齢の集団を含む更なる研究が必要である、と著者らは述べている。

影響評価項目

ばく露