[ラットの肝臓再生に影響を及ぼす2種類の異なる外部低周波磁界波形] med./bio.

Two different pulsed ELF waveforms affect rat liver regeneration.

掲載誌: Electro Magnetobiol 1997; 16 (2): 107-117

低周波磁界に曝露された再生肝臓グリコーゲンの消耗と脂質の蓄積が見られた。 <目的>ラット肝臓再生における2種類の異なる外部低周波磁界波形の影響を調べること。 <方法>以下の手順により実験は行われた。 1)生後4か月のオスのラット部分的な肝切除後、磁界曝露する。 2)主に50Hz、6mTの半サイン波の磁界と主に50Hz、8mTの三角波の磁界に曝露される2つのグループと磁界曝露されないグループにラットを分ける。 3)ラットは経過時間ごとに肝臓摘出され、肝臓の成分分析と顕微鏡観察が行われる。 <結果>1)手術36時間後の再生肝臓脂質は増加するが、磁界波形の違いによる顕著な差は見られない。 2)手術後の再生肝臓グリコーゲンは減少するが、磁界波形の違いによる顕著な差は見られない。 3)磁界曝露されたラット再生肝臓と曝露されていない再生肝臓脂質蓄積量とグリコーゲン消費量には差が見られる。

日本語版の論文要約はJEICが作成しており、英語版の論文要約に比べ簡潔な内容としている場合があります。 英語版の論文要約の全訳が必要な場合は、ログイン後、「要約を依頼」から依頼して下さい。

ばく露