[将来のワイヤレス・アトセルネットワークにおけるヒトの電磁界ばく露評価のための統計的アプローチ] tech./dosim.

Statistical approach for human electromagnetic exposure assessment in future wireless atto-cell networks.

掲載誌: Radiat Prot Dosimetry 2019; 183 (3): 326-331

この研究は、アトセルフロア、またはアトフロアとして示されるフロアに統合されたノードの超高密度ネットワークの電磁放射への人体ばく露を調べた。アトセルは来たるべき5Gワイヤレスネットワーク技術で、そこではヒトは複数の干渉する波源にばく露される。このばく露を数値計算によって推定するため、著者らは有限差分時間領域(FDTD)シミュレーションに基づく統計学的アプローチを提案している。このアプローチでは、アンテナの位相のばらつきを考慮し、比較的少数のシミュレーションに基づいて多くのばく露のシミュレーションが可能である。ばく露組織10 gあたりのピーク空間SAR平均値(psSAR10g)で示される。シミュレーションの結果、平均ばく露レベルは~4.9 mW/kg、5%の事例で7.6 mW/kgに達した。この研究における数値計算セットアップで示されたpsSAR10gの最大値は、約21.2 mW/kgに等しい。結果的なばく露に対するシミュレートしたアトフロアのサイズの影響力を調べたところ、得られたばく露レベルは全て、国際非電離放射線防護委員会ICNIRP)の一般公衆の四肢に対する基本制限の4 W/kg(及び職業的ばく露に対する基本制限の20 W/kg)よりも大幅に低かった、と著者らは報告している。

ばく露