[建物内での電磁放射のモニタリング及び屋内環境品質の改善のための戦略の立案] tech./dosim.

Monitoring Electromagnetic Radiation Emissions in Buildings and Developing Strategies for Improved Indoor Environmental Quality.

掲載誌: Health Phys 2019; 117 (6): 648-655

この研究は、システム分析を用いた新規のアプローチを適用して、システム分析を用いた新規のアプローチを適用して、カタールにおいて建物内での電磁放射へのばく露を定量化し、ヒトの健康に対するリスクを調べた。その結果、建築材料によって電磁放射の伝播に対する応答が異なり、乾式壁が最も遮蔽効果が高く、ガラス及び木材壁は遮蔽効果が乏しいことが示された。屋内環境の質を改善するための重要な戦略には、遮蔽材の使用、空間設計、ばく露時間の低減、ばく露距離の増加、敏感なエリアでのばく露の完全な回避が含まれる、と著者らは報告している。

ばく露