研究のタイプ: サーベイ (医学/生物学の研究)

[医療現場における7-T MRIの安全に関する考慮事項] review

Safety Considerations of 7-T MRI in Clinical Practice.

掲載誌: Radiology 2019; 292 (3): 509-518

このレビュー論文の著者らは、7 TのMRI[磁気共鳴画像撮影装置]に関連した安全上の論点について考察している。金属製インプラントに対する磁力、ならびに無線周波電磁界電力吸収と加熱が、7 Tでの安全上の考慮事項である。患者に対する生体影響としては、例えば空間識失調、眩暈、誤った運動感覚、吐き気眼振磁気閃光電気的な味覚作用が最も一般的なものであり、7 Tではより低い磁界強度よりもそれらが強まる可能性がある、と著者らは述べている。また、この磁界強度での安全上の懸念の論理的根拠と、患者及び医療従事者に対するリスクを緩和するための潜在的アプローチについても論じている。

影響評価項目

ばく露