[携帯電話基地局から発せられる900 MHz無線周波電磁波への長期ばく露後の精巣の調節及び機能性分子の変化] med./bio.

Alteration of testicular regulatory and functional molecules following long-time exposure to 900 MHz RFW emitted from BTS.

掲載誌: Andrologia 2019; 51 (9): e13372

この研究は、900 MHz無線周波RFばく露後のラットにおけるテストステロンならびに精巣の幾つかの機能的及び調節分子(P450sec、ステロイド産生急性調節タンパク質(StAR)、腫瘍壊死因子-α(TNF-α)、インターロイキン-1α(IL-1α)、インターロイキン-1β(IL-1β)、神経成長因子NGF)等)における変化を調べた。雄の成獣のSprague-Dawleyラット(体重190 ± 20 g)を無作為に3群に等分し、擬似ばく露群、短時間(2時間/日、30日間)ばく露群及び長時間(4時間/日、30日間)ばく露群に割付けた。その結果、どちらのばく露群でも、対照群と比較して、テストステロンのレベルが有意に低く(p < 0.05)、TNF-αのレベルが有意に高かった(p < 0.05)。長時間ばく露群ではIL-1α及びNGFのレベルが短時間ばく露群及び対照群よりも有意に高く(p < 0.05)、IL-1βのレベルが対照群よりも有意に高かった(p < 0.05)。対照群と比較して、どちらのばく露群でも、P450sec及びStAR mRNAの発現対照群よりも有意に下方制御された(p < 0.05)、と報告している。

ばく露