[携帯電話から生じる非電離放射線は子宮内膜過形成を進行させる:ラットでの実験的研究] med./bio.

Non-Ionizing Radiation Created by Mobile Phone Progresses Endometrial Hyperplasia: An Experimental Rat Study.

掲載誌: Arch Med Res 2019; 50 (2): 36-43

この研究は、非電離放射線子宮内膜過形成との関連を調べた。卵巣摘出した雌のWistar albinoラット50匹にエストラジオール半水和物(4 mg/kg)を投与して過形成誘発した後、携帯電話及び基地局として動作する信号発生装置からの1800 MHz非電離放射線ばく露した。研究を2段階で5群(対照群、第1段階でエストロゲン投与群、第1+第2段階でのエストロゲン投与群、第1段階でエストロゲン投与+第2段階で非電離放射線ばく露群、第1+第2段階でエストロゲン投与+第2段階で非電離放射線ばく露群)に対して実施した。2段階の終了後、子宮角を切除し、腺密度(GD)、上皮細胞の高さ(ECH)、及び管腔上皮細胞の高さ(LECH)に基づいて評価した。その結果、エストロゲン投与はどちらの段階でも全てのパラメータを増加させた。非電離放射線ばく露エストロゲンばく露の有無にかかわらず、全てのパラメータを増加させた、と著者らは報告している。

ばく露