研究のタイプ: レビュー/サーベイ論文 (医学/生物学の研究)

[雄性の生殖系に対するWi-Fi電波の悪影響:体系的レビュー] review

Adverse Effects of Wi-Fi Radiation on Male Reproductive System: A Systematic Review.

掲載誌: Tohoku J Exp Med 2019; 248 (3): 169-179

雄性の生殖衛生に対するWi-Fi送信機からの無線周波RF電磁放射の影響を評価した各種研究の知見は矛盾している。このレビュー論文は、2.45 GHzのWi-Fiばく露によって生じるかも知れない、動物及びヒトの雄性の生殖系への影響を解明することを目的としている。MEDLINE、Ovid及びPUBMEDデータベース検索を以下のキーワードで実施した:'Wi-Fi or WiFi or wireless fidelity or Wi-Fi router or WiFi router or electromagnetic or radiofrequency radiation' AND 'sperm or spermatozoa or spermatogenesis or semen or seminal plasma or testes or testis or testosterone or male reproduction'。526報の論文がヒットし、そのうち17報のみが事前に設定した採択クライテリアに適合した。Google Scholarを通じて追加的な記録を同定し、6報を同定した。合計23報(ラットについての研究15報、マウスについて3報、ヒトの健康について5報)を用いてデータを抽出した。レビューの結果、Wi-FiからのRF電磁放射ばく露した場合に影響を受けたパラメータは、精子数、運動性及びDNA健全性であった。精子生存率及び形態についての結果は決定的ではなかった。精巣の構造的及び/または生理学的分析では、変性変化、テストステロンのレベル低下、アポトーシス細胞の増加、DNA損傷が認められた。これらの影響は主に、睾丸の温度上昇及び酸化ストレス活性によるものであった。Wi-Fiトランスミッタからの2.45 GHzのRF電磁放射へのばく露は、雄性の生殖系に対して有害である、と著者らは結論付けている。

ばく露