[電子ノイズ:ますます重要な健康リスク] temp.

E-noise: An increasingly relevant health risk.

掲載誌: J Integr Med 2019; 17 (5): 311-314

このレビュー論文は、主な非感染症の現状、電子ノイズの定義、心血管疾患及びその他の非感染症に対するリスク要因としての関連の可能性を考察し、そのような関連についてのあるかも知れないメカニズム及び仮説、ならびに今後の電磁ノイズの管理方法を提起している。著者らは、電子ノイズ電子機器・装置から生じる電磁界電磁放射の信号と定義し、音響ノイズだけでなく非音響ノイズもこれに含めている。電子ノイズへの長期ばく露は、難聴ならびに倦怠感、ストレス、イライラ感、頭痛、不眠等の健康問題を生じるだけでなく、心血管衛生も危険にさらす恐れがあり、高血圧虚血性心疾患心筋梗塞)、不整脈心房細動)及び脳卒中、脳及び肥満や糖尿病等の代謝問題、精神障害及び認知障害、コルチゾル及び概日リズムの変化を生じ、短期であっても過剰な電子ノイズばく露ストレス応答を強め、生活の質を低下させる、と著者らは主張している。