[UMTS携帯電話放射によるヒト細胞における染色体損傷] med./bio.

Chromosome damage in human cells induced by UMTS mobile telephony radiation.

掲載誌: Gen Physiol Biophys 2019; 38 (5): 445-454

この研究は、健康なドナー6人から採取したヒト末梢血リンパ球刺激して有糸分裂させ、市販の携帯電話端末から発せられるUMTSまたは第3世代(3G)マイクロ波電磁放射ばく露した。その結果、細胞分裂のG2期にばく露したリンパ球中期に観察したところ、ばく露群では擬似ばく露対照群と比較して、非常に有意な割合(最大275%)で染色分体型の異常(ギャップ及び損傷)が認められた。それぞれの検体はマイクロ波ばく露に対して異なる感度を呈した。更に、対照群における染色体異常の割合は、遺伝的及び環境的要因のために異なっていた。携帯電話電磁放射は主に非染色性損傷(ギャップ)、次いでやや少なく末端部欠失損傷)を生じた、と著者は報告している。

ばく露