研究のタイプ: レビュー (疫学研究)

[原発性脳腫瘍の環境リスク因子:レビュー] review

Environmental risk factors of primary brain tumors: A review.

掲載誌: Rev Neurol (Paris) 2019; 175 (10): 664-678

成人中枢神経系の原発性腫瘍は稀であるが、欧州の一部の国々ではその発生率が上昇している。複数の環境ばく露が潜在的リスク要因として調査されてきたが、ほとんどの場合、依然として科学的証拠が不測している。この論文は、原発性脳腫瘍についての発がん性に関与している可能性がある幾つかの環境要因(電離放射線、有害物質(N-ニトロソ化合物、農薬)、大気汚染、無線周波RF電磁界)についての研究をレビューしている。電離放射線については、特に小児期のばく露が依然として十分に確立されたリスク要因である。有害物質へのばく露はほとんど研究されておらず、N-ニトロソ化合物または農薬については、出生前のばく露でさえも、脳腫瘍リスク要因としての一貫性のない徴候が示されているだけである。屋外大気汚染と脳腫瘍リスクについては、大規模な前向き研究の結果に矛盾がある。脳腫瘍リスクに対する携帯電話の影響は、成人神経膠腫及び髄膜主については確立されていないが、聴神経鞘腫との関連は強固になりつつある。子どもに対する携帯電話の影響はまだ調査されていない、と著者らは述べている。

影響評価項目

ばく露