研究のタイプ: リスクコミュニケーション/リスク認知の研究 (実際的研究)

[健康論争の社会的構築:フランスにおけるスマートメーターの事例] risk

The social construction of a health controversy. The case of electricity smart meters in France.

掲載誌: Ann Telecommun 2019; 74 (1-2): 5–15

この社会学的研究は、フランスにおける電力スマートメーターを巡る公的な論争が国レベルでどのように発生し、不確かさを払拭するための専門知識を集めた結果として鎮静化されず、むしろ強まった理由について検討している。2015-2016年のフランスの報道、ならびに制度文書の詳細な横断的分析の結果、この論争の公的で、多次元で、健康に焦点を当てた特徴、ならびにこの論争が海外から持ち込まれた不安に由来するものである、ということを強調している。特に、この論争は技術的対象そのもの(即ちスマートメーター)の本質的な性質についての議論を超えて、その導入の反デモクラシー的次元に対する反応に拡大している、ということを明らかにしている。

リスクコミュニケーション

リスク認知

影響評価項目

ばく露