[2.4 GHzのWi-Fi放射へのばく露後の大腸菌[Escherichia coli]K-12 DH5αの全般的遺伝子発現解析] med./bio.

Global gene expression analysis of Escherichia coli K-12 DH5α after exposure to 2.4 GHz wireless fidelity radiation.

掲載誌: Sci Rep 2019; 9 (1): 14425

この研究は、大腸菌[Escherichia coli]K-12 DH5αの全般的遺伝子発現に対する2.4 GHz Wi-Fiの無線周波RF放射非熱作用を調べた。ハイスループットRNAシーケンシングの結果、ばく露群と非ばく露群で101個の遺伝子に差のある発現が認められ(P ≤ 0.05)、うち52個が上方制御、49個が下方制御であった。pgaD、fliC、cheY、malP、malZ、motB、alsC、alsK、appB、appXのQRT-PCR分析では、RNAシーケンシングの結果が確認された。差のある発現のうち、細胞構成組織への関与が約7%、ストレス刺激への応答への関与が6%、生物学的制御への関与が6%、局在化への関与が6%、移動への関与が5%、細胞接着への関与が3%であった。アノテーション、視覚化、統合発見のためのデータベース(DAVID)機能クラスタリングでは、高エンリッチメントスコアの差のある発現には、細胞の局在化、移動化学走性、外部刺激への応答、細胞接着についての遺伝子が含まれることがわかった。京都遺伝子ゲノム百科事典(KEGG)経路分析では、鞭毛集合化学走性及び二成分系が影響されることが示された。5時間のWi-Fi RF放射に対する大腸菌DH5αの発現は複数の細胞及び代謝プロセスに影響力を及ぼす、と著者らは結論付けている。

ばく露