[哺乳類細胞に対する7テスラ均一磁界の影響] med./bio.

Effect of a 7-tesla homogeneous magnetic field on mammalian cells.

掲載誌: Bioelectrochem Bioenerg 1999; 49 (1): 57-63

マウス白血球細胞、P3888とチャイニズハムスター繊維芽細胞、V79の2種の哺乳類細胞を7テスラの均一磁界中で成長させると、7T磁界と地磁気での細胞の成長パターンには違いは無かった。これらの細胞のDNA分布を、7T下で3時間、と24時間ばく露後に流量で比較したが、磁界ばく露群と対照群有意な違いはなかった。2種の細胞を抗腫瘍剤、ブレオマイシン(BLM)の違った濃度に7Tで3時間ばく露すると、生きた細胞数は、細胞によってBLMへの感受性は違っているが、ほぼ同じであった。このような結果から、7Tの均一磁界哺乳類細胞に悪影響を与えないことを示唆している。

ばく露