[ラットの副腎のグルココルチコイド及びミネラルコルチコイド活性に対する171 MHzの低強度電磁界の影響] med./bio.

Effects of 171 MHz Low-Intensity Electromagnetic Field on Glucocorticoid and Mineral Corticoid Activity of the Adrenal Glands of Rats.

掲載誌: Bioelectromagnetics 2019; 40 (8): 578-587

この研究は、TEMセル内で171 MHzの連続波電磁界(15、25、35 V/m)に15日間ばく露したラットにおける亜急性の生物学的影響を調べた。全てのばく露条件は、ラットファントムを用いた電磁エネルギー分布及び比吸収率SAR)のシミュレーションで評価した。その結果、(ばく露の)時間及び吸収された電磁エネルギーに応じた二相性の生物学的反応が認められた。約0.006 W/kgの低SARでは、ばく露副腎の活性の刺激につながった。このプロセスでは、コルチコステロン及びNa+の分泌が当初増加し(これはNa+/K+比の上昇として見られた)、時間と共に減少した、と著者らは報告している。

ばく露