[ヒト循環白血球に対する1.5 Tの心臓磁気共鳴画像撮影の影響] med./bio.

The effect of 1.5 T cardiac magnetic resonance on human circulating leucocytes.

掲載誌: Eur Heart J 2018; 39 (4): 305-312

この研究は、白血球のDNA健全性、細胞数、機能に対する心臓での1.5 Tの磁気共鳴画像撮影(MRI)の急性影響を、イン・ビトロ研究ならびに多くの患者が参加するコホートでのイン・ビボ研究で調べた。イン・ビトロ研究では、健康なボランティアから末梢血単核細胞(PBMC)を単離し、ヒストンH2AXリン酸化(γ-H2AX)発現白血球数、機能的パラメータを、以下の条件下でフローサイトメトリを用いて調べた:(i) PBMC単離の直後、(ii) 温度及び時間の管理としてベンチサイドに立てた後、(iii) 標準的な心臓MRIスキャン後。イン・ビボ研究では、同意を得た患者64人から、標準的な臨床スキャンの直前及び直後に血液サンプルを採取し、γ-H2AX発現及び白血球数を分析した。その結果、患者間のばらつきが有意であったものの、心臓MRIにはイン・ビボまたはイン・ビトロでのγ-H2AX発現有意な変化との関連はなかった。イン・ビトロでの細胞の健全性及び機能にも、心臓MRIに関連した変化は認められなかった。イン・ビボでは、心臓MRI後の循環T細胞有意な減少が認められた、と著者らは報告している。

ばく露