[中間周波での異なる磁界発生源からのばく露に対する脳皮質刺激閾値] tech./dosim.

Brain Cortical Stimulation Thresholds to Different Magnetic Field Sources Exposures at Intermediate Frequencies.

掲載誌: IEEE Trans Electromagn Compat 2019; 61 (6): 1944 - 1952

人体防護のための国際的なガイドライン/規格における許容電磁界強度は、電気刺激軸索の活動に起因)が熱作用より支配的となる中間周波では末梢神経系刺激に由来する。神経細胞刺激閾値についての最近の調査では、個々の神経細胞を現実的な頭部モデルに組み込むことによるマルチスケール計算が用いられている。但し、刺激モデルと特定の標的組織中枢神経系)に対する許容可能レベルとの一貫性を確認する必要がある。この研究は、異なる磁界ばく露シナリオにマルチスケール計算アプローチを用いて脳皮質刺激閾値を調べた。磁界ばく露には、経頭蓋磁気刺激、一様ばく露、ワイヤレス電力伝送システム(WPT)を含めた。その結果、2つの独立したグループ間で、経頭蓋磁気刺激ばく露についての皮質閾値運動皮質の活性化の範囲の閾値)についてのマルチスケール計算の一貫性が確認された。また、国際的なガイドライン/規格の中間周波での許容電磁界強度の保守性も定量化された。更に、電気自動車充電用の送信電力10000 kWのWPTは皮質活性化に悪影響を生じないことも確認した、と著者らは報告している。

ばく露