[狭帯域及び中帯域の高出力電磁波の細胞スフェロイドに対する急性及び亜急性の生物学的影響の評価] med./bio.

Evaluations of Acute and Sub-Acute Biological Effects of Narrowband and Moderate-Band High Power Electromagnetic Waves on Cellular Spheroids.

掲載誌: Sci Rep 2019; 9 (1): 15324

この研究は、高出力電磁波信号への細胞スフェロイドばく露後の生物学的パラメータを評価した。信号の影響の評価には、腫瘍細胞スフェロイド及び正常なヒト真皮線維芽スフェロイドを用いて、ばく露後の巨視的側面、成長、原形質膜の健全性、アポトーシス誘導、ATP含量、ミトコンドリア電位を調べた。その結果、有意な影響は認められず、40 kV/mの1.5 GHz狭帯域電磁界、及び72.5から約200 kV/mの150 MHzの中帯域電界は、評価対象のパラメータに有意な変化を生じない、と著者らは報告している。

ばく露