[回転磁界はヒト臍静脈内皮細胞の老化を遅らせ、Caenorhabditis elegans[線虫]の寿命を延長する] med./bio.

Rotating magnetic field delays human umbilical vein endothelial cell aging and prolongs the lifespan of Caenorhabditis elegans.

掲載誌: Aging (Milano) 2019; 11 (22): 10385-10408

この研究は、ヒト臍静脈内非細胞(HUVEC)及びCaenorhabditis elegans[線虫]の成長に対する回転磁界(0.2 T、4 Hz)の影響を調べた。その結果、回転磁界ばく露線虫寿命を延ばし、及びHUVECの老化を遅らせることが示された。HUVECに対する回転磁界ばく露は、アデノシン5'-一リン酸(AMP)活性化プロテインキナーゼ(AMPK)の活性化が、抗加齢機序における小胞体ストレスによって生じる細胞内Ca2+濃度の上昇を介したミトコンドリア膜電位の低下と関連していることが示された。また、回転磁界線虫の活動を改善し、加齢に伴う色素蓄積を減少させ、アミロイドベータによる麻痺を遅らせ、熱及び酸化ストレスへの耐性を高めることで、健康状態を促進した。線虫寿命延長には、インスリンインスリン様成長因子シグナル伝達経路の活動及び活性酸素種と関連したdaf-16のレベル低下が関連しており、熱ショック転写因子-1(hsf-1)経路は関与していなかった。更に、回転磁界ばく露後にはオートファジーのレベルが上昇した、と著者らは報告している。

ばく露