[無線周波電磁エネルギーへの全身ばく露は酸化的機序を通じてマウスの精子にDNA損傷を生じ得る] med./bio.

Whole-body exposures to radiofrequency-electromagnetic energy can cause DNA damage in mouse spermatozoa via an oxidative mechanism.

掲載誌: Sci Rep 2019; 9 (1): 17478

無線周波RF電磁界は雄性の生殖系に生物学ストレスを与え得ることを示す研究があるが、その作用機序は不明である。この研究は、非拘束状態の雄マウスを導波管でRF電磁界(905 MHz、2.2 W/kg)に12時間/日、1、3または5週間ばく露した。その結果、ばく露群では全体的な組織学的変化またはストレス上昇は認められなかったが、5週間ばく露群では成熟した精巣上体精子の活力及び運動性プロファイルへの悪影響が認められた。これらの精子では、1週間のばく露後にミトコンドリアにおける活性酸素種の産生の増加も見られた。全てのばく露群でDNA酸化及び断片化の増加も認められた。これらの病変にもかかわらず、RFばく露精子受精能力及び初期胚発生を支持する能力を損なうことはなかった、と著者らは報告している。

ばく露