[磁界で処理した微生物の成長パターン] med./bio.

Growth Pattern of Magnetic Field-Treated Bacteria.

掲載誌: Curr Microbiol 2020; 77 (2): 194-203

この研究は、4種の一般的な細菌大腸菌黄色ブドウ球菌表皮ブドウ球菌、緑膿菌)の成長パターンに対する異なる種類の弱磁界ばく露による影響を、磁界から除去後の相対的変化を比較することで調べた。この4種の細菌を選択することで、グラム染色特性または細菌の形状に基づいて影響を確認できるようにした。細菌を最初に静磁界、不均一磁界交流磁界ばく露した後、37℃の同じ環境で同時にインキュベートした。光学密度の比較測定を用いて、実験サンプル中の細菌の成長に対するインパクトを追跡した。細菌を当初、異なる磁界中で、液体及び個体培地の両方のガラス表面で成長させた。磁界処理した細菌をその後、試験管に移動してインキュベートした。その結果、異なる磁界細菌の株に依存して、細菌の成長パターンに異なる影響を及ぼした。弱磁界はそれを除去した後にも成長率を減速させるようであった、と著者らは報告している。

ばく露