[非特異的な磁気的生物学的影響:スピン軌道結合を想定したモデル] tech./dosim.

Nonspecific magnetic biological effects: A model assuming the spin-orbit coupling.

掲載誌: J Chem Phys 2019; 151 (20): 204101

この研究は、二重井戸モデルを通過する粒子の磁気応答を考察した。このモデルのハミルトニアンには、ゼーマン、スピン軌道、及びその他の相互作用を盛り込んだ。スピン状態は、電子の核に対する磁界の作用ではなく、電界内の電子の動きにより変化する。このモデルのパラメータの現実的な値では、スピン軌道の相互作用は、よく知られたラジカルペアメカニズム(RPM)と類似した磁界の影響につながる。特に、電子移動確率磁界の向きに依存する。同時に、ここで考察したモデルには、非特異的な磁気生物学的効果のメカニズムを探索する際に合理的となる区別がある。特に、RPMとは異なり、磁界の規模は超微細相互作用の狭い範囲に限定されない。このモデルは分子の回転を可能にし、このことは、実験で観察されている磁界ベクトルの反転に対する非対称性を説明し得るものである、と著者らは論じている。

ばく露