[携帯電話タワーの負の健康影響を最小化するための立地による責任を制限する] basics

Limiting liability with positioning to minimize negative health effects of cellular phone towers.

掲載誌: Environ Res 2020; 181: 108845

携帯電話使用は今や地球規模で至る所にあり、多くの国で幼い子どもにもますます一般的になっている。携帯電話ネットワークの運用により、ほとんどのエリアでカバレッジを提供する基地局からの無線周波RF放射への広範なヒトのばく露が生じる。インターネット使用のPCからスマートフォンへの移行による人々のデータ需要の増大に伴い、カバレッジは大幅に増大することが予想されていることから、基地局の密度とその出力は地球規模でのヒトのRFばく露を増加させると見られている。この論文の著者は、基地局からのRFによるヒトへの負の健康影響の直接的な因果関係は確認されていないが、基地局を展開する事業者への長期的な責任負担を是認するのに十分な医学的及び科学的証拠が既にあるとして、タバコ産業等の他の業界による過去の過ちを通信事業者が辿るのを防ぐため、基地局からのRFの影響についての査読付き文献を要約している。特に、基地局立地のインパクトを詳細に調べ、将来の潜在的な責任負担を最小化するための事業者向けの勧告を提示している。

ばく露