[アルツハイマー病のラットモデルにおける酸化ストレス及びコルチコステロンに対する脳の無線周波ばく露のインパクト] med./bio.

Impact of Cerebral Radiofrequency Exposures on Oxidative Stress and Corticosterone in a Rat Model of Alzheimer's Disease.

掲載誌: J Alzheimers Dis 2020; 73 (2): 467-476

先行研究では、携帯電話無線周波RF電磁界が、げっ歯類のアルツハイマー病(AD)モデルにおける記憶障害を修正することが示唆されている。この研究は、ADのサマリアンラットモデルを用いて、電磁界ばく露コルチコステロン及び酸化ストレスを通じて記憶を修正するという仮説を検証した。雄のLong-Evansラットに対し、硫酸第一鉄、アミロイドベータ(Aβ)1-42ペプチド、ブチニオン‐スルホキシミン(ADラット)または溶媒(対照ラット)を脳室内注入した。携帯電話を模したRF電磁界拘束下のラットの頭部に脳平均比吸収率(BASAR)で1.5 W/kg(15分間)、6 W/kg(15分間)または6 W/kg(45分間)、5日間/週、1か月間ばく露した。擬似ばく露群は45分間拘束した。エンドポイントは、放射迷路における空間記憶血漿コルチコステロン、ヘムオキシゲナーゼ-1(HO1)、及びアミロイド斑とした。その結果、擬似ばく露群のADラットでは対照ラットと比較して、コルチコステロンのレベルは同等であったが、記憶力は低下し、チオフラビン及びHO1染色は増大した。皮質のHO1染色の相関的増大はRFばく露群の対照ラットのみで見られた。ADラットでは、RFばく露海馬のHO1染色の相関的増大、及びコルチコステロンの減少を生じた。これらのデータからは、ADラットにも対照ラットにも、RF電磁界ばく露後の記憶の修正は認められなかった。対照ラットとは異なり、ADラットでは高BASARばく露群において、海馬での酸化ストレスの増大、ならびにコルチコステロンの減少が認められた、と著者らは報告している。

ばく露