[非熱作用下の超低周波電磁界によるCT2A細胞の生存率の改変] med./bio.

CT2A Cell Viability Modulated by Electromagnetic Fields at Extremely Low Frequency under No Thermal Effects.

掲載誌: Int J Mol Sci 2019; 21 (1): E152

この研究は、CT2A細胞[マウス神経膠腫細胞]を異なる超低周波(ELF)磁界に短時間または長時間ばく露し、細胞の生存率への影響を調べた。その結果、30 μTでの24時間のばく露、及び100 µTでの7日間のばく露では、周波数依存性が認められた。特に、30 Hzばく露による顕著な生存率の低下が認められた。HSP熱ショックタンパク質]90発現の観点で熱作用を分析したところ、細胞生存率の違いに関連した熱的損傷は認められなかったことから、その他の細胞機序が関与しているはずである、と著者らは結論付けている。

日本語版の論文要約はJEICが作成しており、英語版の論文要約に比べ簡潔な内容としている場合があります。 英語版の論文要約の全訳が必要な場合は、ログイン後、「要約を依頼」から依頼して下さい。

ばく露