[50 Hz磁界ばく露によるEGF[表皮成長因子]の比誘電率の変化はEGFとEGFR[表皮成長因子受容体]との相互作用にもその生物学的作用にも影響しない] med./bio.

The Relative Permittivity Changes of EGF by 50 Hz MF Exposure Neither Affect the Interaction of EGF With EGFR Nor Its Biological Effects.

掲載誌: Bioelectromagnetics 2020; 41 (3): 241-246

先行研究で、磁界表皮成長因子(EGF)と同様に表皮成長因子受容体(EGFR)クラスタリングを生じ、EGFRシグナル伝達を活性化させることが示されていることから、この研究は、磁界ばく露がEGFの物理学的特性、ならびにその下流のEGFとEGFRとの相互作用を変化させるかどうかを調べた。その結果、フェイズ‐インターロゲーション表面プラズモン共鳴(SPR)センシング分析では、4.0 mTの50 Hz磁界への1時間ばく露はEGF溶液の可逆的な比誘電率の変化を生じた。但し、擬似ばく露したEGF溶液と比較して、磁界ばく露したEGF溶液はEGFのEGFRへの結合にも、ヒト羊膜上皮細胞の生存率及びEGFRクラスタリングにも影響しなかった。これらのデータは、磁界ばく露に対する細胞のEGFRクラスタリング応答は、細胞培養液内のEGFの比誘電率の変化の結果ではないであろうということを示唆している、と著者らは結論付けている。

日本語版の論文要約はJEICが作成しており、英語版の論文要約に比べ簡潔な内容としている場合があります。 英語版の論文要約の全訳が必要な場合は、ログイン後、「要約を依頼」から依頼して下さい。

ばく露