[任意の姿勢の労働者の低周波電磁界へのばく露のモデリング] tech./dosim.

Modeling of Exposure to Low-Frequency Electromagnetic Fields of Workers in Arbitrary Posture.

掲載誌: IEEE Trans Magn 2020; 56 (2): 1-4

現在、数値ドシメトリはある程度の成熟レベルに達しており、専用の市販ソフトウェアが既に入手可能であるが、実際の条件でのばく露の急速で正確な特徴付けは、多くの理由により依然として困難である。例えば、正確な身体の姿勢を考慮しなければならない場合、従来のアプローチでは発生源の磁界を評価し、次いで姿勢を与えたファントムドシメトリ的な計算を実施する。この論文の著者らが提案しているアプローチでは、変数を変更することで、ソースタームの変形により姿勢変化のない身体モデルを用いることができるようにした。著者らは、幾つかの厳密な変換に対しては、この手順は、姿勢変化による変形が大きい膝、肘、及びその他の関節にある組織の導電率の変化には至らないことを示した。

ばく露