研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[CNS機能に対する携帯電話使用の急性影響] med./bio.

Acute effects of using a mobile phone on CNS functions.

掲載誌: Cent Eur J Public Health 1999; 7 (4): 165-167

この研究は、20人のボランティアを被験者として、携帯電話(Motorola GSM 8700)の使用がCNS機能に与える急性影響について、2つの実験を行なった。最初の実験は、発語中(新聞テキストを5分間読み上げる)における携帯電話電磁界の影響を調べた。その結果、電磁界ばく露は、視覚誘発電位に影響しなかった;6分間ばく露は、携帯電話に話しかけながら遂行された2つのテスト(記憶注意)の結果に何ら影響しなかった。次は、注意の切替えをテストするタスク(自動車運転の良いモデル)について実験した。その結果、電話での通話自体が遂行成績に強く影響することが示された。応答および決断のスピードが有意に低下した。これは、運転中に電話をかけることに伴うわずかな心理的ストレスでさえも、大きなリスクになり得るという証拠である、と報告している。

The detailed summary of this article is not available in your language or incomplete. Would you like to see a complete translation of the summary? Then please contact us →

研究目的(acc. to editor)

To study acute effects of using a mobile phone on CNS functions.

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 900 MHz
Modulation type: pulsed
ばく露時間: continuous for 5 or 6 min

ばく露1

主たる特性
周波数 900 MHz
タイプ
  • electromagnetic field
ばく露時間 continuous for 5 or 6 min
Modulation
Modulation type pulsed
Duty cycle 12.5 %
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • セルラ-電話
ばく露装置の詳細 Subjects held the mobile phone to the ear with the antenna extended while talking into it.
Additional information Various tests on VEP (visual evoked potentials) and mental functions were carried out on two occasions with or without exposure (randomised) about two weeks apart. The authors claim that "while phoning with a normal wireless telephone electromagnetic field intensity is negligible".
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
電力 1.5 W peak 推定値 - -
電力 187.5 mW mean 推定値 - -
SAR 0.1 W/kg maximum 推定値 10 g -

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
研究対象とした臓器系:
調査の時期:
  • ばく露後

研究の主なアウトカム(著者による)

When speaking (5 minutes reading a text from daily newspaper) the electromagnetic fields did not affect the visual evoked potentials. Also a 6-min exposure did not reveal any effect of electromagnetic fields on the results in two tests (memory and attention) performed while speaking into the mobile phone.
On the other hand the phone call itself influenced the performance in a secondary task applying a test of switching attention which is a good model for driving a car. The response and decision speed were significantly worse.

研究の種別:

研究助成

関連論文