[携帯電話、Wi-Fi及びBluetooth技術からの電磁放射:我々はどの程度安全か?] basics

Electromagnetic Radiation due to Cellular, Wi-Fi and Bluetooth technologies: How safe are we?

掲載誌: IEEE Access 2020; 8: 42980-43000

この論文の著者らは、各種のワイヤレス通信モジュールから発せられる電磁放射はヒトおよびその他の生物に対して生物学的に有害であることが同定されていると主張している。また、これらのデバイスから生じる電磁放射へのばく露制限のための規制は国によって異なり、また、安全な放射レベルを定量化するための複数の規格が存在すると指摘している。この著者らは、ハンドヘルド型の放射メーターを用いて、その知見を複数の国際規格と相関させることで、複数のシナリオにおける放射懸念レベルを決定している。また、日常生活における一般的なデバイス(スマートフォン、ノートPC、Wi-Fiルータ、ホットスポット、ワイヤレスイヤーフォン、スマートウォッチ、Bluetoothスピーカー等)からの電磁放射を分析している。また、電磁放射へのばく露によって生じることが知られている最も顕著な健康ハザードを要約している。更に、電磁放射リスク低減のための、ヒトを中心とする幾つかの防護策および未然防止策について論じている。

ばく露