研究のタイプ: サーベイ

[磁気共鳴画像撮影法の遺伝毒性研究に必要な有効なばく露プロトコル] review

Valid Exposure Protocols Needed in Magnetic Resonance Imaging Genotoxic Research.

掲載誌: Bioelectromagnetics 2020; 41 (3): 247-257

磁気共鳴画像撮影(MRI)検査がヒト血液細胞にDNA損傷を生じ得るかどうかについては、複数のイン・ビトロおよびイン・ビボ研究で調査されてきたが、MRスキャナ内での細胞の電磁界ばく露は十分には記述されていなかった。初期の研究は仮説創出研究と見なすことができる。但し、DNAの完全性に対するMRIばく露の役割についての更なる探求のためには、ばく露それ自体を無視することはできない。十分な手法の記述がないことから、初期の研究を再現することは困難である。研究は再現可能であるべきというのが全ての実験における大原則である。この論文の著者らは、先行研究に欠けているものについて論じ、MRIと遺伝毒性についての次世代のイン・ビトロおよびイン・ビボ研究をどのように実施すべきかを考察している。

影響評価項目

ばく露