[マウスの肝臓と腎臓に対する超広帯域パルス化電磁界への急性ばく露の影響] med./bio.

Effects of acute exposure to ultra-wideband pulsed electromagnetic fields on the liver and kidneys of mice.

掲載誌: Electromagn Biol Med 2020; 39 (2): 109-122

この研究は、強度および持続時間が異なる超広帯域UWBパルス電磁界ばく露したマウスの肝臓および腎臓における変化を調べた。その結果、UWBパルスはALT[アラニンアミノトランスフェラーゼ]およびAST[アスパルギン酸アミノトランスフェラーゼ]のレベルを有意に上昇させ、酸化ストレスを高め、肝細胞の脂肪滴の蓄積を生じることを見出した。生理学的および分子構造の変化は、ばく露の約72時間後に回復した。これらの結果は、UWB場留守への急性ばく露の潜在的リスクを含意するものである、と著者らは結論付けている。

ばく露